COLUMN

今話題の「ステイケーション」とは?贅沢にプチパーティ気分でリフレッシュ!

今年大人女子の間で流行している「ステイケーション」。

海外旅行に行けなくなってしまった今だからこそ、近場のホテルで贅沢に過ごそう!という方が増えています。

今回はそんなステイケーションの楽しみ方や、おすすめのホテルをご紹介します。

目次

  1. ステイケーションとは?
  2. プチパーティ気分!ステイケーションを楽しむ3つのコツ
    1. ホテルでの滞在時間を長めに!ホテルでの贅沢な時間を楽しもう
    2. スパやプールなどの施設を利用する
    3. シャンパンで優雅に乾杯!
  3. 東京都内のステイケーションにおすすめホテル3選
    1. アマン東京
    2. パレスホテル東京
    3. ホテルニューオータニ東京
  4. ステイケーションで日常の疲れを癒そう

ステイケーションとは?

「Stay(ステイ)」と「Vacation(バケーション)」の造語であるステイケーション。

普段は泊まることの少ない近場のホテルに泊まりホテルでの時間を贅沢に楽しむ、というものです。

特に女性の間で人気のステイケーションは、移動の手間なく非日常感を味わえるのが魅力。

GO TO トラベルで普段は手の届かないホテルもお得に泊まれるのも、今流行している理由の一つのようです。

 

 

インスタグラムをはじめとするSNSでは、「#ステイケーション」がたくさん!

今だからこそ泊まれるラグジュアリーなホテルでの滞在を楽しむ様子がアップされています。

プチパーティ気分!ステイケーションを楽しむ3つのコツ

ステイケーションでは日常とは異なる贅沢気分をとことん味わうのがおすすめ。

ここでは3つの方法をご紹介します。

ホテルでの滞在時間を長めに!ホテルでの贅沢な時間を楽しもう

旅行では観光がメインになりがちですが、ステイケーションではホテルでの時間を多く取りましょう。

一流ホテルの上質な空間を楽しむ。そして心も体もゆっくりリラックスさせる時間を作る。

それがステイケーションを楽しむ秘訣です。

テレビはお休みし、心落ち着くBGMを用意してゆっくり語り合ってみては?

スパやプールなどの施設を利用する

ホテル内のスパやプールは、リゾート気分を味わうことができます。

仕事や家事で疲れた体をスパやマッサージで癒したり、プールで優雅に泳いでみたり。

庭園があるホテルなら早朝にゆっくりお散歩するのも良いですね。

事前にどんな施設があるかチェックして、思う存分ホテルで楽しんでください。

シャンパンで優雅に乾杯!

優雅なパーティ気分を味わうには、シャンパンでの乾杯が定番ですよね。

少し高級なチーズをつまんでみたり、ルームサービスを利用してみたりするのもおすすめ。

毎日頑張っている自分たちを称えて、乾杯しましょう!

東京都内のステイケーションにおすすめホテル3選

ここからは東京都内でステイケーションにぴったりの贅沢なホテルをご紹介します。

GO TO トラベルで割引できるのは今だけ!憧れのホテルでステイケーションを叶えてくださいね。

アマン東京

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺彩季(・ω・)(@saayan0725)がシェアした投稿

「いつかは泊まりたい」と憧れる女性が多いアマン東京。

東京の美しい夜景を一望でき、和紙や木の温もりを感じる落ち着いた客室が人気です。

東京の景色を見ながら泳げる温水プールも有名ですよね。

「ザ・ラウンジ by アマン」で美しいアフタヌーンティーを堪能するのもお忘れなく!

ホテルHPはこちら

パレスホテル東京

 

この投稿をInstagramで見る

 

inti_djamant💎(@inti_djamant)がシェアした投稿

パレスホテル東京は、都心でありながら緑溢れる眺望が魅力。

テラスからの景色は圧巻です。洗練された大人な空間は、まさにステイケーションにぴったり。

スパ、モーニング ヨガ、屋内プールも堪能できます。スポーツ派の方は早朝に皇居ランで汗を流すのはいかがでしょうか。

ホテルHPはこちら

ホテルニューオータニ東京

自然に癒されたい方は、広大な日本庭園を備えたホテルニューオータニ東京がおすすめ!

「フォーブス・トラベルガイド」2021年度格付け評価ホテル部門で4つ星を獲得しています。(エグゼクティブハウス 禅は5つ星を獲得)

日本庭園は1万坪という広さなので、1日ゆっくり歩いてリフレッシュできます。

レストランもフレンチ、日本料理、鉄板焼きや上海料理など多彩なラインナップ。食事もたっぷり楽しめそうです。

ホテルHPはこちら

ステイケーションで日常の疲れを癒そう

ステイケーションの魅力は伝わりましたか?

今年はあまり外出ができなかったり、リモートワークなど新しい仕事の形になったりと疲れも溜まっているはず。

ぜひステイケーションで日々の疲れを癒す時間を過ごしてくださいね。

RECOMMEND おすすめコラム