COLUMN

初心者でもできるセルフネイルデザイン7選【結婚式列席にもおすすめ】

初心者でもできるセルフネイルデザイン7選【結婚式列席にもおすすめ】のアイキャッチ

ネイルサロンに行くのは面倒、お金がかかる、仕事上難しいという方もセルフネイルであれば気楽に楽しむことができます。

ただ、デザインが上手くできなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで初心者でも綺麗に見えるセルフネイルデザインをご紹介します!

結婚式に列席する際にも活用できますよ。

目次

  1. 2色のくすみカラーでシンプル&オシャレ度UP
  2. 先端にラメをグラデーションで重ねる
  3. 爪楊枝を使えば簡単にドットネイルが完成!
  4. ネイルの定番!フレンチネイル
  5. マスキングテープで作る!シルバーラインネイル
  6. ネイルシールを使って押し花ネイルに挑戦
  7. マスキングテープ応用編!ボーダー&ストライプネイル
  8. むすびに

2色のくすみカラーでシンプル&オシャレ度UP

シンプルに単色を塗るだけでもおしゃれに見えるコツが、2色のカラーを塗ること。

例えばグリーンとオレンジを交互に配色すると、こなれ感を演出できます。

右手はグリーン、左手はオレンジといった手で分けるのも簡単におしゃれに見せられます。

またくすみカラーは今の流行で大人っぽく見えるのでおすすめ。

色味が落ち着いているのでカラーの組み合わせの失敗も少ないです。

先端にラメをグラデーションで重ねる

 

この投稿をInstagramで見る

 

りぃ(@nnninnninn)がシェアした投稿

ネイルといえばラメを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

全体をラメにしてしまうと少し派手かも…と感じる方におすすめなのが、先端だけラメを入れること。

グラデーションにしてあげることでプロのような仕上がりになります。

均一に塗ることが難しくても、グラデーションであればそれも味になります。

また、ラメだけ追加すれば様々な色で楽しめるので、飽きることなくセルフネイルを楽しめます。

ラメは1本持っておきたいアイテムです。

爪楊枝を使えば簡単にドットネイルが完成!

 

この投稿をInstagramで見る

 

りた’s nail room *(@nail.by.lita)がシェアした投稿

ドットネイルは一見難しそうに見えますが、実は爪楊枝を使うことで簡単にできちゃうデザインなんです。

ドットにしたい色を爪楊枝につけ、ちょんちょんと付けるだけ。

全ての指をドットにするのではなく、単色の指とドットの指を作るのがおしゃれ感を出すコツです。

自分の好きなカラーでドットネイルを楽しんでみてください。

ネイルの定番!フレンチネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yamaguchi Noriko(@spicanail_salon)がシェアした投稿

ネイルと言えば、定番すぎるデザインがフレンチネイル。

先端が白いネイルです。

実はこのフレンチネイルもホワイトカラーの幅を狭めたり、爪の半分をホワイトにしたり、斜めの曲線にしたりするとバリエーションを出すことができます。

ホワイトではなく別のカラーを混ぜるのも個性的にすることができますよ。

マスキングテープで作る!シルバーラインネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

te_nail(@te_nail117)がシェアした投稿

斜めにカラーを入れ、境目にシルバーのラメネイルを入れるネイルをよく見たことがありませんか?

難しそうに見えますが、色を塗らない箇所にマスキングテープを塗ることで綺麗な斜めのラインを作ることができます。

また、ラメを境目に入れることでカラーをうまく斜めに塗れなくても誤魔化してくれます。

真っ直ぐ塗るのは苦手だけど少しおしゃれなデザインに挑戦したい!という方におすすめのデザインです。

ネイルシールを使って押し花ネイルに挑戦

結婚式の列席などで少し凝ったデザインにしたい場合は、ネイルシールを活用することで簡単におしゃれなネイルに仕上げることができます。

押し花風のシールを使えば簡単に押し花ネイルが完成!

押し花のシールを貼るのは5本の指のうち2〜3本程度にするのがコツです。

その他の指は単色を塗るだけで良いので、意外に簡単に挑戦できます。

マスキングテープ応用編!ボーダー&ストライプネイル

マスキングテープでラインを引くことに慣れてくれば、ボーダーやストライプのデザインもお手の物!

色の境目が上手くいかない時は、ラメを重ねればOKです。

2〜3本ボーダーやストライプがあると一気におしゃれ感が増しますよね。

最初は2色など少ない色味を使い、太いラインで挑戦し徐々に慣れていくことが重要です。

むすびに

初心者でもやりやすいセルフネイルのデザインをご紹介していきました。

手で上手くいかない時は、まず足から挑戦するのもおすすめ!

足であれば両手が使え、親指などは範囲も広いので塗る練習になります。

また面倒でも重ね塗りを丁寧にすることで綺麗で長持ちするネイルになります。

ぜひ季節に合わせてネイルを楽しんでみてくださいね。

RECOMMEND おすすめコラム